運行管理システムとは?!運行管理システムの基礎知識「動態管理について」知る!!

運行管理システムは、車両とそれを操縦する人を管理するシステムです。動態管理や労務管理など、各分野にある課題改善に役立つシステムとして活躍しています。ここでは、動態管理システムについて具体的にお伝えしていきたいと思います。

動態管理システムとは?

動態管理システム

動態管理システムと言うのは、リアルタイムで車両や現場担当者の状態を記録したり管理したりする事ができるシステムです。のことを指します。管理者がオフィスに居ながらでもGPS機能などを活用して、PC上で車両動向を把握したり、必要に応じて指示を送ったりする事ができます。今まで時間のかかった作業短縮や、地図上で気象や交通状況を確認し遅延回避に貢献するなど、色々と有効的に活用する事ができます。
昔は、高価な車載端末を搭載して現在の動態管理システムのような管理をしていましたが、今はスマホがあれば動態管理可能なアプリになっており、OBD-IIコネクタやシガーソケットなどへ小型デバイスを接続し車両状態の把握可能なサービスもあります。このように、動態管理のクラウド化が進行している背景には、お手軽に利用する事ができる事や、リーズナブル価格でシステム導入できる事が挙げられます。今や業務効率化をサポートするステムとして広く活躍しています。

動態管理システムの種類

① スマホ利用の動態管理システム

スマホ利用の動態管理システムは、その手軽さやリーズナブルな導入コストから人気があり、スマホアプリを利用した動態管理システムです。導入障壁が低くて低コストで導入する事ができるのが大きな魅力です。スマホアプリを利用した動態管理システムの良さは、設置工事が要らないので、初期費用や月額費を安く抑える事ができます。システム機能に関しても充実しているので、後からでもWeb経由で機能追加が簡単にできるなど、コスト重視の企業の方には魅力的なシステムです。

② 専用端末利用の動態管理システム

専用端末利用の動態管理システムは、導入する際はスマホ利用の動態管理システムに比べてコストはかかります。しかし、現在はレンタルきるタイプもあり、レンタルでコストダウンする事も可能です。専用端末と言うのは、初期設置工事は必要ですがシガーソケットに挿入すれば簡単に使用でき、以前のタイプより簡単導入できる様になっています。

③ ドラレコ・デジタコにオプション追加

今現在、車両総重量7トン以上、或いは、最大積載量4トン以上、このような車両には運行記録装着の義務があります。近年、技術革新によってドラレコやデジタコは進化しており、オプションで動体管理システムを追加するなど、選択肢も広がってきています。本来は、ネット回線契約が必要ですが、デジタコやドラレコなどの導入検討の際には、オプションでシステム追加してみるのもオススメです。

動態管理システムのメリットとは?

① ドライバーから見た時のメリット

コスト節約でドライバーの生産性アップ

今までであれば、目的地に行く迄のルートも運転手の経験に任せていた所がありましたが、動態管理システムで車両ルートの把握や客観的視点で最適ルートを見つけられるなど、便利なシステム機能は活躍の場を広げています。なので、同じ時間の中で多くの情報を伝達できるようになり、ドライバーの生産性にアップに繋がっています。

ドライバーへの事前案内で事故防止

事故多発地点データや他のトラック走行情報など、蓄積されたプローブデータの活用で、注意地点をドライバーに事前案内する事ができます。また、走行データから運転の癖を把握する事ができるので、危険パターン検知で安全運転の促しもできます。走行データが可視化されていると、ドライバーの意識向上にも繫がります。同様に、可視化データで無理のない管理を行う事ができるので、安全運転の意識を日頃から高めていく事が期待できます。

日報作成を簡略化できる

動態管理システムには、配送時刻や休憩時刻を記録できるのはもちろん、その時のGPS情報によって取得した位置情報を紐づけた機能も持っています。なので、日報作成を自動化したり、簡略化した機能を搭載したり、モバイル対応で配送計画確認できたり、色々な機能をもつタイプもあります。

② 管理者のメリット

管理者作業のカット

動態管理システムは、正確な車両位置情報を知る事ができます。 なので、管理しなくてはいけない車両が多くあっても、リアルタイムで誰の車両があるのかを把握できます。なので、例えば、急な集荷依頼などがあった時にも、正しい判断ができたり、迅速な指示を出しやすかったり、色々な判断や伝達が便利になります。

地域の交通情報・天候状況を把握できる

地域の交通情報や天候状況を把握できる事は、すなわち、適切な指示を迅速に与える事ができる事にも繫がっています。また、工事中で車の通行止めがあったり、立ち往生になったりした時も、車の位置情報や動きなどを知る事ができるので、落ち着いて管理者は状況把握する事ができます。

誤配送防止に繫がる

動態管理システムでは、現在の車両位置、配達予定位置、これら2つの情報がシステム上で整合しているか判断する事ができます。整合していないと管理者にアラート通知される為、配送先確認指示をしっかり行う事ができます。なので、ドライバーへの誤配送防止に繫がります。

メリットのまとめ

動態管理システムには、日頃の業務全が計測され記録に残ります。なので、適切な評価を得る事ができるメリットがあります。また、目に見える形でデータがあるので、配送計画なども立てやすく、ドライバー自身もリスク把握、安全運転意識、スキルアップなどにも良い影響を与えています。

動態管理システムのポイントとは?

GPS搭載装置

位置情報把握の為に車にGPS搭載した車載器を設置しますが、その車載器タイプによって動態管理システムを選ぶ事もできます。車載器を購入する、リース利用、通信手段アリ、スマホとペアリングなど、情報通信にも様々なタイプがあります。サービス内容によって、複数のデバイスから選択する事が可能な場合あります。

OBD-Ⅱポート型

運転席の足元にある自己診断装置のOBD-Ⅱの差し込みポートに設置する事もできます。設置する際には工事や配線などは不要となっており、誰でも簡単に設置できます。

シガーソケット型

シガーソケットに取り付けるだけの簡単な設置になります。位置情報はもちろん、速度測位や危険運転なども記録する事ができます。

カーナビ型

カーナビ型なので、管理者のメッセージ表示が可能で、カーナビ画面を活かした機能が特徴です。

ドライブレコーダー型

危険運転をした際には、位置情報と共に動画も作動します。こうしたドライブレコーダーならではの機能も特徴です。

アプリ型

これは、ドライバーのスマホアプリを活用した動態管理システムです。導入コストが低くい事は魅力です。曜日や時間を設定してON/OFFの切り替え機能なども必要になります。

目的別機能の充実度で選ぶ

交通事故を減少させる目的として

車の運転では、急発進や急ブレーキなどが分かる通知方を選択するのがオススメです。ドライブレコーダーでれば、動画を記録する事ができたり、また、緊急の時には管理者へ動画が自動的に転送されるタイプもあります。緊急対応時や啓蒙活動には心強い機能と言えます。
運行日報作成で手間を省く目的として
運行管理の殆どのサービスには、日報自動作成機能があります。自分の会社の報告書として必要項目がしっかり網羅されているか、また、ドライバーが簡単に操作して作成する事ができるか、こうした手間を省く事ができます。

配送伝達方法を効率化させる目的として

ドライバーのスマホアプリと連携して、管理者とやり取り可能、管理者メッセージの画面表示などがあります。

まとめ

動態管理システムは、管理者にもドライバーにも大きなメリットがあります。業務効率化する事はもちろん、ドライバーの安全性を高める為にも、管理環境を整える事は大事です。最近では、色々な企業が動態管理システムを提供しています。なので、是非、皆さんも自分の会社に合った、最適な動態管理システムを選んでみて下さいね。